18区ブランディングプロジェクトからYoccoへ

横浜市18区の地域の特徴を紹介し、盛り上げることを目的としたキャラクター達。より幅広い方々に楽しんでいただくために「Yocco18」として、独立したプロジェクトになりました。

キャラクター原作は、遠藤 望氏(横浜18区ブランディングプロジェクト代表)によるデザイン。

遠藤氏は、2010年よりオリジナルの横浜18区のキャラクターを作成し、WEBサイトやSNSで発信。地域のまちづくり活動で知り得た18区それぞれの特徴や魅力を、 イラストにして発信し、多くの市民に親しんでもらえるキャラクターづくりに取り組んでいます。

これからも、Yocco18をよろしくお願い申し上げます。

横浜18区ブランディングプロジェクトについて詳しくは▼